インプラント|福山/松永/尾道の歯科・歯医者(インプラント・ホワイトニング・審美歯科・入れ歯)の【デンタルクリニック西脇】は土曜も通常通り診察しております。

インプラント

インプラント治療について

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人工の歯根を外科手術により埋め込み、人工歯根が顎の骨に固着した後、人工の歯冠を上から装着する治療法です。インプラントは永久的なものではありませんが、日々の清掃(歯磨き)と定期的な検診を継続することで長期的に良好な予後が期待できます。

最新のHAインプラントを使用

当院で使用しているインプラントは、インプラント体の骨に埋める部分・歯根部の表面に、骨との密着性が高い ”HA(ハイドロシキアパタイト)“をコーティングしているため、チタンだけのインプラントに比べて飛躍的に骨との結合期間が短縮しました。歯肉との親和性も大きく高まり、感染の危険性も最小限となっております。

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

インプラント治療を行うにあたっては、治療後の状態も見据えた治療計画を立てます。
十分なカウンセリングを基に、患者様お一人おひとりに最適な治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明いたします。

STEP2 人工歯根を埋め込む

歯の根の代わりとなる人工歯根(「フィクスチャー」とも言います)を顎の骨に埋め込む手術を行ないます。
埋め込むのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行います。

STEP3 人工歯根が骨と結合するのを待つ (1.5ヶ月〜2ヶ月)

埋め込んだ人工歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
個人差はありますが、およそ1.5ヶ月〜2ヶ月の期間が必要となります。

STEP4 上部構造(歯の形となる部分)の設置

仮の上部構造を用いて人工歯根と骨との結合具合の確認と、最終的に取り付ける上部構造の調整を行います。
人工歯根がしっかり結合したことが確認されると、調整の済んだ上部構造を取り付けます。

STEP5 メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP2〜4)が終わった後は、3〜6ヶ月に1回ほどの定期的なメインテナンスを行っていきます。

手術が終わった時点で、すべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。
ご自分の天然歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」と「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。